ノンアルコールビールを飲む

Posted 11月 11th, 2012 by admin

先日、初めてノンアルコールビールを飲みました。
私は、それほどビールが好きではありません。
全く飲めないということはないのですが、乾杯のときにみんなに付き合って1杯飲む程度です。
ビールのあの苦さが苦手だというのと、ビールは焼酎などに比べたらアルコールが
あまり高くはないはずですが、なぜか私はビールを飲むと酔いが早いのです。
なので、あまりビールは飲まないようにしています。

ノンアルコールビールは、車で来たけれど、どうしてもビールを飲みたいという人などに良いようです。
私はそもそもビールを飲みたいと思わないので、ノンアルコールビールも必要ではないのですが、
食事に行ったときに、ノンアルコールビールを誰かが頼んで、
それがなぜか私に回ってきたので、興味があったので飲んでみました。
ノンアルコールビールは、ビールよりも美味しく感じました。
なぜでしょう、ビールよりも苦味が少なく、さっぱりしているような感じがしたのです。
私ならば、普通のビールよりもこのノンアルコールビールのほうがいいなと思います。

でも、やはりビール好きの人にとっては物足りないかもしれないなと思いました。
ビール好きの人は、このノンアルコールビールを薄いと感じるのではないでしょうか。
かなりビールに近い味だと思うのですが、やはりその違いははっきりしているような感じがしました。
それに、やっぱりお酒は酔いたいから飲むという人が多いですよね。
ビールの味がどうこうというより、酔って楽しい気持ちになりたい、
という人のほうが多いのではないかと思います。
私もお酒が好き、というより飲み会の雰囲気が好きだったり、酔って楽しくなることが好きだったりもします。
そう考えると、やっぱりアルコールが入っていないビールは物足りないものになってしまいますよね。

でもまあ、どうしてもビールが飲みたくて仕方がないという人にはいいかもしれませんね。
ノンアルコールビールを飲んだときの食事会でも、
車で来た人は、「車じゃなかったら飲んだのに‥」と残念そうにしていました。
その人は、美味しいそうにビールを飲む人を羨ましそうに見ていました。
そこで、登場したのがノンアルコールビールです。
その人は、「ビールを飲んでいる気分になれる」と言って飲んでいました。
でもやっぱり、本物のビールを飲みたかったようです。
私はこのノンアルコールビールは、普通に美味しい飲み物として飲めるなと思いました。
自分でわざわざ買ってまでは‥と思うのですが、また機会があれば飲んでみたいなと思いました。

ビヒダスのアロエヨーグルト

Posted 11月 6th, 2012 by admin

最近、4個パックになったアロエが入ったビヒダスヨーグルトをよく食べています。
アロエヨーグルトが出た当初は、美味しいなと思ってよく食べていました。
今はアロエヨーグルトと言っても珍しくも何もないのですが、
出た当時は、結構新鮮で目新しいものでした。
少なくとも私はそう思いました。

それまで、ヨーグルトと言えば、給食に出るようなちょっと甘いヨーグルトか
プレーンの甘みのないヨーグルト、そしていちご風味など果物が入ったものが一般的なものでした。
私は、ヨーグルトがとても好きだというわけではないので、
たまに健康のためにと思って食べていたくらいでした。

アロエヨーグルトが発売されて初めて食べたとき、なんて美味しいんだろうと思いました。
確か食べたきっかけは、友人が美味しいからと言ってよく食べていたので、
私も食べてみようかなと思って食べみたことだったのではないかと思います。
アロエヨーグルトは、甘くもなく、酸味が強いわけではなく、ちょうど良い味だなと思いました。
ちょっとどろっとしていて、アロエの果肉がこりこりしていて、食感もいいなと思いました。
それからアロエヨーグルトにはまってよく食べていました。
でも、さすがに飽きがきて、しばらく経つとあまり食べなくなりました。
もともとヨーグルトが好きなわけではなかったので、それ以降あまりヨーグルトを食べていませんでした。

そして、ちょっと前に、職場でお昼を食べていたら、一緒にお昼を食べていた人が、
ヨーグルトが4つあるからと言ってみんなにヨーグルトを分けてくれました。
そのヨーグルトが4個パックになったビヒダスのアロエヨーグルトだったのです。
そのとき、久しぶりにアロエヨーグルトを食べました。
久しぶりに食べたアロエヨーグルトはとても美味しかったのです。
4個パックのヨーグルトは、ちょっと小さいサイズのヨーグルトなので、大きさもちょうど良かったです。
これはいいなと思い、それからよく買うようになりました。
何にしてもそうなのかもしれませんが、ちょっと足りないな‥
と思うくらいが一番食べ物を美味しく感じる量かもしれませんね。

ヨーグルトを食べると、便秘の解消、免疫力のアップなど
いろいろと体に良いことも多いと聞きますよね。
私は結構な便秘症なので、ヨーグルトを食べていると良い効果があるかもしれません。
あまり凝って食べ過ぎるとまた飽きてしまうかもしれないので、
飽きないくらいに程々に食べようと思います。

今は可愛いカラコンがいっぱいあるらしいので、友人からオススメのワンデーカラコンを教えてもらったので
体の中からきれいになったら、外見も。と言う事でそちらにも挑戦しようとおもいます。

姉からの誕生日プレゼント

Posted 11月 6th, 2012 by admin

もうすぐ私の誕生日がやってきます。
姉は、毎年何かしら誕生日にプレゼントをくれます。
だいたい毎年、誕生日が近づくと姉はプレゼントに何が欲しいか聞いてきます。
去年は、仕事に持って行くようなバックが欲しかったので、バックをリクエストしました。
すると、私が好きそうな紺色で仕事に持って行くのにちょうど良い大きさのバックをくれました。
姉だけに私の好みがよく分かっているのかもしれません。

私は物持ちが良すぎるので、数年前からずっと同じバックを仕事に持って行くバックにしています。
なので、まだ姉がくれたバックは使っていません。
ようやく最近使おうかな‥と思い始めているくらいです。

その前の年は、化粧ポーチをもらいました。
でも、これも物持ちの良い私は、まだ以前から使っている化粧ポーチを
ずっと愛用しているので、姉からもらったものはまだ使っていません。
なので、今年はもっと実用的なものをリクエストしようと思っていました。
そして、先日、姉がメールで誕生日プレゼントは何がいい?と聞いてきました。
姉は、よく行くショッピングモールのポイントが5倍たまるときに
プレゼントを買いに行こうと思っていると言っていたので、
それまでに考えて返事をするね、というメールを返しました。
それから何が欲しいかよくよく考えました。

考えた結果、3つ欲しいものが出てきました。
1つは、ヒートテックの肌着です。
これからの季節、ヒートテックは必需品ですよね。
2つ目は、下着代わりに着るキャミソールです。
物持ちの良い私は、下着代わりのキャミソールも同じものをもう数年使っています。
さすがにそろそろ買換えないと思っていたので、これもいいなと思いました。
そして3つ目は、ランニングのときに着る長袖のTシャツです。
このうちどれかをプレゼントとしてもらえたらありがたいというメールを送りました。

この3つのリクエスト品は、どれも安くで手に入れることができたのだそうです。
なので、3つ全部もらうことができました。
ありがたいなと思いました。
今年もらったものは、どれもすぐに使う予定です。
いくつになっても毎年プレゼントをくれる姉に感謝です。

切ない気持ちになる歌

Posted 11月 6th, 2012 by admin

最近、山崎まさよしさんの曲をよく聴きます。
山崎さんの曲は以前から好きではあったのですが、敢えて聴き込むことはありませんでした。
山崎さんの曲をよく聴くようになったのは、イーグルスの「ホテルカルフォルニア」がきっかけです。
ちょっと前はイーグルにはまっていて、よくイーグルスを聴いていました。
イーグルスの曲を聴くときは、YOUTUBEをよく開いていました。

そして、YOUTUBEでホテルカルフォルニアで検索をすると、
「3人の侍のホテルカルフォルニア」というタイトルのものが出てきました。
これは何だろう?と思って開いてみると、3人の侍とは、
奥田民生さん、Charさん、山崎まさよしさんの3人のことで、この3人でライブを行っていたのだそうです。
そのライブの中で、3人でホテルカルフォルニアを歌っている動画がアップされていたのです。
3人で歌うホテルカルフォルニアの歌い始めから途中までは、山崎まさよしさんが歌っていました。
これがとても良かったのです。

イーグルのホテルカルフォルニアに負けず劣らず良かったです。
ちょっと長くなりましたが、これが山崎まさよしさんの曲を聴くようになったきっかけです。

山崎まさよしさんの曲の中で一番好きな曲は、「onemoretime onemorechance」です。
私が山崎さんの曲で初めて聴いた曲がこの曲でした。
歌詞もメロディーもとても切なくて、失恋したときに聴いたら、確実に泣くだろうなと思うような曲です。
この曲の「いつでも探しているよどこかに君の姿を」という歌詞がとても好きです。
なんだか切ないなと思いませんか?

好きな人と別れた直後だと、この歌詞の切なさがしみじみと胸にくるのではないかと思います。
別れてしまってもう会わない、となってもついその人の姿を探してしまっていたという経験がありませんか?
私はあります。
まだ未練があるときは特に、こんなところにいるはずもないのに、
と思いながら、その人の姿を探してしまうんですよね。
もう元には戻れないと分かっていながらも、その人の姿を少しでも見たいと思っていたのです。

山崎さんの曲は、他にもいい曲がたくさんあります。
SMAPに提供した「セロリ」も山崎さんバージョンで聴くと、随分雰囲気が変わります。
山崎さんの切なくなる歌は、この季節にぴったりではないかと思います。
山崎さんの曲を聴きながら、切ない恋の思い出にひたってみるのもいいかもしれません。

大学の図書館

Posted 6月 28th, 2012 by admin

私は図書館が好きで近隣にある某有名大学の図書館をたまに利用しています。
私はここの大学の学生でもOBというわけでもありません。
ただ「近隣住民」というだけで月に数回程度利用させて頂いています。

今日はレガシィツーリングワゴンが大学の門の前に止まっていて
私の元彼が乗ってたなぁなんて懐かしく思いながら足を踏み入れました。

大学の図書館に入る時はいずれかの身分証明書を係りの人に預けます。
帰るときにそれを返してもらえると言う手順です。

ここの大学の図書館は改築したばかりなのか、とっても綺麗で座席数も100席ほどあります。
勉強するには最高の環境だなぁと私はいつも思います。
私は仕事柄海外に行く事もありますが、海外とりわけアジアの地域で
これだけの環境を整えた大学生の為の図書館が揃っている国はあまり見たことがありません。
日本人は本当に恵まれている環境で生活が送れているとつくづく思います。
私はいつも大学生でもOBでもないのにここを利用させて頂けるのは本当に有難いと思っています。

私は約10年ほど前に大学生をしておりましたが今となってはもうだいぶ昔の話です。
学生時代の友人とは何人か交友があるものの、学生生活の思い出はだんだんと薄れていくばかりです。

私は久しぶりに大学の図書館にくると学生時代を少し思い出します。
「あの頃に戻れたらなぁ」毎回そう思ってしまいます。
私は学生時代にアルバイトのやり過ぎで疲れてしまって学校に行くのが面倒くさいと思ったことが何度もありました。

でも今振り返るともっともっと「1日1日」を大切に過ごさなければ行けなかったなと後悔しています。
今はどの先生の講義も興味がありますが、あの頃は興味のある講義の方が少なかったと思います。
人間は恵まれた環境にいる間はその恵まれた環境に自分がいることになかなか気がつけないものかもしれませんよね。
その恵まれた環境を失って始めて「自分のいた環境のすばらしさ」に気づいてしまうのですが、
その時はもう元には戻れない、悲しい現実のループだと思います。

ここの大学の学生は真面目そうな子が多いと思います。
図書館の中では皆静かに勉強しています。
恐ろしいくらい物音が聞こえません。
私は図書館でパソコンを利用するのですが、私のパソコンのタイピングの音が図書館中に鳴り響いて私は少し肩身が狭い思いでいます。
たまに「日本人はマナーが良すぎてついて行けない」と感じることもありますが、
私が皆さんに合わせるよう努力して行きたいと思います。

里芋

Posted 5月 12th, 2012 by admin

里芋を使って料理をしたことがありますか。
里芋は、料理にする前の下ごしらえが面倒だということを料理をしてみて始めて知りました。
まず、里芋をきれいに洗って皮を剥くのですが、ぬめぬめしているので、とても剥きにくいです。
しかも、私がもらった里芋は形が大きくて皮が硬かったので、力を入れて剥かないとなかなか剥けず、包丁を握る指が痛くなりました。
なんとか苦労して皮を剥いたは良かったのですが、カビが生えていたり、腐っていたところが一部あったので、それを取り除くのにも苦労しました。

そして、剥いた里芋を半分に割ったら、赤い線のようなものが入っているものがありました。
血管のように入っていたので、何か不気味な感じがしました。
もしかして、何か悪いものかもしれないと思って、インターネットで赤い線は何かを調べました。
調べてみるとこの赤い線は、うまく成長できなかったところになるらしく、いくら茹でても硬いままで軟らかくならないのだそうです。
どうしようかな‥と思ったのですが、あまりにも赤い部分が多いところは、全部取り除きました。
そして、ようやく食べられる大きさに里芋をカットしました。

料理をする前に、里芋は、ぬめりをとるために、塩揉みをして数分茹でたほうが良いのだそうです。
基本に忠実に料理をしようと思って、塩揉みをして、茹でました。
ここまでで、ようやく下ごしらえがすみました。
やっとここから料理ができます。
里芋と手羽先と大根を甘辛く煮込みました。
里芋はくたっとなって、自分で作って言うのもなんですが、美味しいかったです。

何気なく食べていた里芋の料理もこんなに手がかかるものだということを知りました。
食べてしまうのはあっという間なのに‥
料理って大変なものですね。

愚痴

Posted 4月 29th, 2012 by admin

仕事仲間が集まれば、仕事の愚痴大会になってしまうという人も多いのではないでしょうか。
女性はとくに、話し出したらとまらない、で盛り上がってしまいますよね。
私の職場でも、何人か集まったら、愚痴大会になります。
私たちの場合、仕事の内容よりもおつぼね様の愚痴になることが多いです。
ちょっとした話からどんどん話が大きくなって、時間が経つのを忘れて話しこんでしまうんですよね。
でも、それが一番のストレス解消法になるんですよね。

女の人は、何かと愚痴を言いたがるものですが、男の人ってあまり愚痴を言うイメージがありませんよね。
よく、飲み屋さんでお酒を飲みながら酔っ払って愚痴をたらたら言っているおじさんを見ますが、職場や普通の食事のときなどに、愚痴を言うという人は少ないような感じがします。
それに、愚痴ばかり言っている男の人って何か嫌な感じがしますよね。
男のくせにと思ってしまいます。

私の職場は、大学の研究機関です。
普通の会社とは違って、上司にあたる人が教授になります。
そして、研究している大学生や大学院生が生徒でもあり、研究を補佐する社員のようなものでもあります。
教授が忙しいと、研究のもとになる仕事はほとんど学生がやることになります。
今日、いつも研究所の仕事を一身に請け負っている学生と話していたら、ぽろっと愚痴が出てきました。
普段は愚痴など言わずにてきぱきと作業をしている彼なのですが、やはりいろいろと不満がたまっていたようです。
学生の中では彼が一番上で、話せるような人がいないので、思わず出てしまったのでしょう。

男の人の愚痴は嫌だと思っていましたが、今日は彼の愚痴をしっかりと聞いていました。
愚痴はためずに吐き出すことが男女問わず大事なことなんでしょうね。

ヘアースタイルについて

Posted 4月 26th, 2012 by admin

先日、友人が髪を切りました。
ショートへアーに軽くパーマをかけたヘアースタイルでした。
もともとショートヘアーだったのをさらに短く切り、前と後ろにふんわりとパーマをかけていました。
本人は冒険したと言っていましたが、とても似合っていてかわいかったです。

私は、くせ毛なので、ずっと縮毛矯正をしています。
ショートヘアーだとくせ毛がひどく、縮毛矯正でショートヘアーは厳しいものがあるので、ずっとロングにしています。
このヘアースタイルが定番になってしまうと、なかなか新しいヘアースタイルに挑戦できずにいました。
でも、ちょっとイメチェンしたいと思い、年末に、デジタルパーマをかけました。
久しぶりにパーマをかけたので、セットの仕方がよく分からず、なんとなくしゅくしゅなっているという感じでした。
もうパーマはだいぶ落ちてしまいましたが、ちょっと失敗だったかな‥と思っていました。

イメチェンしたいと思っても、なかなか難しいですよね。
自分に合うヘアースタイルって分からないものですよね。
芸能人を見ていると、あんなヘアースタイルもいいな、と思うけれど、自分がそのヘアースタイルにしてみるとおかしかったりもします。
でも、いったん切ってしまうと、もう直しようがないので、おかしいなと思ってもどうしようもありません。
私のパーマも、イメージがあったのですが、仕上がりはどうも違っていました。
やっぱり冒険をしなければよかったと思いました。

パーマが落ちかけているので、そろそろまた美容室に行かなければいけません。
どんなヘアースタイルにするか迷っています。
パーマで傷んだところだけ切って、また縮毛矯正をしようかな、とも思っています。
自分に似合うヘアースタイルがあったら教えてもらいたいものです。

車に元気を与えよう

Posted 4月 20th, 2012 by admin

私が乗っている車は、もう10年近く乗っているので、走行距離が約150000キロになりました。
窓が故障してしまった以外に、走りには問題がないので、200000キロまでは乗れるのではないかと思っています。
もしかしたら、もっと乗れるかもしれません。

愛車に長く乗るためには、まめにオイル交換をするということが重要なのだそうです。
オイルがどろどろになってしまうと、燃費が悪くなってしまったり、エンジンにも悪いのだそうです。
以前、友人が車が動かなくなったので、修理に出したら、オイル交換をしていなかったことが原因と言われてのだそうです。
そして、結局、その車は、廃車するしかなかったのだそうです。
その話を聞いてから、オイル交換はこまめにしようと強く思いました。
車屋さんでオイル交換をすれば、ドアの辺りなどに次回交換の目安になる距離を書いてくれますよね。
私もだいたいいつもその距離を目安に交換をしています。

でも、今回は、なかなかオイル交換に行くタイミングがとれなかったので、目安の距離をだいぶオーバーしてしまいました。
それですぐに車が悪くなるというわけではありませんが、走行距離を見るたびに気にはなっていました。
そして、今日ようやくオイルを交換してきました。
車屋さんがすごく遠いところにあるわけでもないのに、行こうと思った日に雨が降ると行きたくなくなったり、なんとなく面倒くさくて行かなかったりとなってしまうんですよね。
オイル交換をしなければ明日から車に乗れなくなるというような切迫感がないからかもしれません。

オイル交換をすませて車を走らせると、心なしか走りが良くなったような感じがしました。
車に元気を与えたようです。
まだまだ頑張ってもらいたいので、これからもこまめなオイル交換を心がけようと思います。

引っ張り出した一眼レフ

Posted 3月 25th, 2012 by admin

私は、以前、写真を撮ることにはまって、一眼レフのカメラを買いました。
もちろん、それ相当のお値段でした。
その頃は、写真を撮るということが楽しく、上手く撮れたものをパソコンに保存して、ちょくちょく見るのが楽しみでした。
周りに、同じように写真を撮ることが好きな友人が多かったことも影響していたと思います。
自分が撮った写真を見せ合って、どこが良いとか悪いとか話し合ったりもしていました。
そうすると、やりがいも出てきますよね。
どのアングルでとったほうが良いか、夜景の撮り方、接近して撮るときの撮り方、などいろいろと話し合っていたものです。

でも、最近は、そのような友人が周りにいなくなってしまったこともあって、写真を撮るということをしなくなっていました。
普通に旅行に行くときには、一眼レフのカメラは大きいので、邪魔になってしまいます。
そのため、旅行に行くときには、携帯についているカメラでの撮影がほとんどで、一眼レフはタンスの中でした。
もったいないと思いつつも、使いようがなかったのです。
一人で写真を撮りに行こうかとも思いましたが、何となく気が向きませんでした。

そんなとき、知り合いの人から蘭の花をもらいました。
あまりにきれいな蘭の花だったので、これは、写真に撮って保存しておくべきだと思いました。
そこで、久しぶりに一眼レフをタンスから引っ張り出しました。
蘭を被写体にしていろいろなアングルで写真を撮り出したら、だんだん楽しくなってきました。
昔とったなんとかなのでしょう。
気がつけば、夢中になって写真を撮っていました。
そして、なかなか良い写真を撮ることができました。

蘭の花をもらったことで、私の写真魂にまた火がつきました。
やっと一眼レフをタンスから引っ張り出すことができたので、これからは、活用していこうと思います。
桜の季節になったら、桜を撮るのが今から楽しみです。